スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンジング・レーン
2011年01月11日
チェンジング・レーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] ★★★☆☆

車での接触事故をきっかけに、互いの運命の歯車が狂ってしまう話。
最初の事故だけだったら「ついてない1日」で済むんですが、これをきっかけに、全てが悪い方へと転がっていきます。
そこから、怒り爆発。
共に報復し合い、ついには人生そのものが台無し寸前の所まで…。
どちらの心情もわかるのですが、「それはやっちゃいかんだろ~~~」と思うくらい、物凄い展開が待ってます。
最後まで目が離せず、でも二人とも悪人ではないので、丸く収まってくれる事を願いながらの鑑賞でした。
全体的には男性向け、サスペンスちっくな内容です。
自分だったらどうするか? 想像しながら、ご覧ください♪

スポンサーサイト
かずら
2010年12月18日
かずら [DVD] ★★★★☆

カツラ生活の苦難と、カミングアウトするまでを描いた作品。
「恋するカツラ」でおなじみ小林信也が原作なので、とってもリアルなエピソードが満載です!
でもそんな中にも、さまぁ~ずらしい、すっとぼけた展開が待っているので、悲しくならずに笑えます♪
主人公(三村)のピンチに、さりげなく駆けつけるカツラ職人(大竹)、二人のなんとも言えないシュールなやりとりが、物語のスパイスにもなってますね。
そして主人公の恋の行方、家族愛にも、じ~んときます。
カツラをバカにしているのではなく、愛にあふれた内容だったと思いました.: *:・p(*´v`*)q.: *:・

おっぱいバレー
2010年12月09日
おっぱいバレー [DVD] ★★☆☆☆

1979年、中学校バレー部が舞台。
「試合に勝ったら、先生のおっぱいを見せる」という約束を餌に、やる気のない部員達を奮い立たせるのですが、、、終始「おっぱい、おっぱい」うるさいです。
感動できる青春コメディかと思いきや、そこまで熱くもなく、かといってエロくもなく、ちょっと昔のノスタルジックな雰囲気でごまかしたような映画でした。
そのくせ時代設定がいいかげんで、79年なのに69年以前のような街並、ちょっと古めのBGM、なのにファッションだけは今っぽいという、雑な描写。
当時を知らない人が見たら「こんなもんか」で済むと思うんですけど、知ってる人にとっては、「一体いつなの???」と不思議に感じてしまうくらいでした。
とくにフィンガーファイブが流れるのに、部室の窓にラムちゃんが描かれているっていうのが、違和感ありまくりで…。
70年代を描きたいのか、80年代を描きたいのか、ハッキリして欲しかったです。

全体的には笑える箇所もあるのですが、綾瀬はるかの無駄遣い。
もっと無名でいいから、健康的な巨乳、たとえば夏目雅子的な(笑)、79年にマッチしそうな女優をセッティングしたら良かったと思います。
そのうえで、もっと生徒達にスポットをあてて欲しかったかな。
スラムドッグ・ミリオネア
2010年12月01日
スラムドッグ$ミリオネア [DVD] ★★★★☆

クイズ・ミリオネアで次々と正解を当てていく主人公ジャマールと、その半生の物語。
クイズの進行と共に、ジャマールがどんな風に生きてきたのか明かされていくのですが、「インド…すげぇ…」とビビってしまう展開です。
子供ながらにたくましく、何でもして生きるのですが、そんな環境にありながらもまっすぐな心で、初恋の人をひたすら守る姿に感動します。
ミリオネアに近づくに連れて、どんどん前のめりで見てしまいますね。
息するのも忘れてました。
クイズが難しいのか何なのか、イマイチ日本人にはわかりにくいですが、視聴者と同じ目線で興奮します!
見て損はない作品でした☆

余談ですが…エンドロールがマサラムービーさながらで笑えました。
監督はダニー・ボイルなんですけどね。
作品の余韻もへったくれもなかったんですけど、それがまた「らしくて」良いかな~と思いました。


ミュージッック・オブ・ハート
2010年11月21日
ミュージック・オブ・ハート [DVD] ★★★☆☆

一人のバイオリン教師と、ハーレムの小学生達の実話。
「努力する事で、可能になる何かがある」というメッセージ性、音楽の素晴らしさが伝わってくる作品でした。

ただ実話として捉えた場合は良いのですが、映画という観点から見ると、イマイチ盛り上がりに欠けました。
というのも10年という長い時を描いているので、途中で子供達が入れ替わってしまうんです…。
そのため登場人物への愛着がわきにくく、主人公の恋愛もどっちつかずな結果なので、全体もぼやけた印象に終わってました。

例えば劇中のコンサートを1つだけに絞ってみるとか、もっと山場のような物があれば、面白くなったと思います。
事実を変える事は出来ないとは言え、脚本的に残念でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。