スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年メリケンサック
2009年09月09日
少年メリケンサック スタンダード・エディション[DVD] ★★☆☆☆

ネットの動画で見つけたパンクバンド「少年メリケンサック」をデビューさせるため、主人公(宮崎あおい)が奔走するものの、そこに現れたのは中年となったメンバーだった…という話。

「デトロイト・メタル・シティ」と系統がかぶる作品でしたが、面白さは「デトロイト・~」がダントツです!
こちらはある意味クドカンらしい、白々しい演出満載の、つまらない話になってました。

中年になった「少年メリケンサック」が、どう復活して行くのかというのが一番の見所だと思うのですが、その辺の描き方が適当でダメです。
気付いたら復活していて、「え?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)」って思う程。
しかも2時間越えの長編作品にも関わらず、その「復活」は中盤で起きます。
なのであとの1時間は、「完全復活」までの繋ぎに。
過去の回想とか、兄弟で仲が悪い理由とか、どうでもいいバックボーンが描かれて行くので、見ていてかなりダレました。

また劇中における宮崎あおいも、ただ「可愛い」というだけで、演技自体はありきたりです。
悪くはないんですけど…表情もコロコロ変わって可愛いんですけど…それが逆に単調な演技に見えてしまって、歳を取った時に残る女優ではないな、と感じました。

酷評しすぎかもしれませんが、正直な感想だから仕方ないです。
2時間返して!な作品でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。