スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アリス・イン・ワンダーランド
2010年10月23日
アリス・イン・ワンダーランド [DVD] ★★☆☆☆

大人になったアリスが、ふたたびワンダーランド(アンダーランド)へ戻ってくるという話。

ティム・バートンが監督なのでもっとブラックかと思ったのですが、ディズニー規制が入っているのか、わりと普通。
ちょっと気味の悪い表現はあるものの、子供が見られないようなレベルではないです。
また不思議な世界が見事に表現されているので、ビジュアルだけは楽しめます♪
頭身の違いや、CGとの合成が、違和感なくて良いですね。

…が、いかんせんストーリーがつまらない…。
予告編やTVでの紹介以上の出来事はなく、予備知識の部分だけで終わりました。
「戦うアリス」がテーマですが、それだけなんです。
もっと赤の女王が歪んだ理由とか描いて欲しかったし、白の女王がひねりもなく正義なので、そこが残念。

最後現実の世界に戻ったアリスが、貿易商としての才覚を見せる部分があるのですが、それも違和感を覚えました。
中国進出ってw
その後アヘン戦争→中国侵略って歴史を知らないはずがないのに敢えて入れたって事は、ティム・バートンのブラックジョークなんでしょうか?
今でも欧米は、戦争や植民地支配がタブーとは思わないって事なんでしょうね。
子供向けの映画であればこれは蛇足ですし、大人向けとして考えても、日本人からしてみたら首をひねってしまいます。

ティム・バートンも枯れたのかなぁ…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。